2020年12月28日

日本富士スカウトクラブEVER ONWARDの集い

 日本富士スカウトクラブEVER ONWARD〕の集い(略称EO会)は、毎年夏と冬の二回、ボーイスカウト運動にご貢献のあった方々をお招きして、とても興味深いお話の数々をお話頂きました。しかし、2月開催予定の山口英一さんのご講演が新型コロナで延期となり、さらにはEO会会長である大石和夫さんが執筆した「語部 そして伝承 村山有先生 没後50年に想う」も出版された時期である事から、新型コロナの流行がやや下火になった10月31日、会場を大会議室、テーブルを二人掛け、検温、消毒液で定員15人で開する事となりました。

EVER ONWARDの集い(略称EO会)

日時 2020年10月31日(土曜日)午後1時〜3時
会場 日本記者クラブ 大会議室
次第 開会の辞 午後1:00 大石和夫EO会会長 
        午後1:15 山口英一さん(東京連盟相談役)
        午後1:30 懇談(大石会長のご本の紹介や、会員近況)
   閉 会 3:00

出席(敬称略)今回はコロナ禍のため密を避けて先着15名に限定
大石 和夫 FSCJ会長、OSC副会長、1953年米国ジャンボリー派遣団隊長
山口 英一 東京連盟相談役、東京スカウトクラブ会長、OSC会員
鈴木 高  FSCJ会員、慶應ローバースOB、第8回世界ジャンボリー派遣
矢島 巖  神奈川連盟参与、ビスタワールド主幹
山口 陽  早稲田ローバースOB
粕谷 信夫 早稲田ローバースOB
橋 勝興 府中スカウトクラブ会員、OSC会員
杉村 直  京大ローバースOB、第10回世界ジャンボリー派遣、OSC会員
五十野和男 早稲田ローバースOB、第10回世界ジャンボリー派遣、OSC会員
坂本 正志 早稲田ローバースOB、FSCJブログマスター、JJ1NCR
柳  茂久 立正ローバースOB、JA1YSS事務局長
福嶋 正己 日本連盟理事、日本連盟コミッショナー
西山 繁夫 埼玉県連盟副理事長
宮戸 秀昭 FSCJ世話人、慶應ローバースOB
村山 至  FSCJ会員

※EO会の参加者については内規として『名誉スカウト、不二スカウト、エアーリフト・シーリフト計画派遣者、旧規定の富士スカウト、過去の講師、それらに準じた方で世話人会で認めた者』を基準にしています。

 EVER ONWARDの集い = 「最善を尽くせ!」「限りなき前進!」を目標として(略称/EO会)理想の峰を目指し自己研鑽(Self-Scouting)する。

配付資料、回覧資料
@「語部、そして伝承」大石和夫著
A 前回EO会(令和2年2月29日)配付予定資料
 (日本連盟:新型コロナウイルス感染への対応について(緊急)2/21付)
B 婦人公論 平成5年(1993)3月号「殿下、山道は険しかったですか?」
C 産経新聞 令和元年(2019)5月4日 3面 象徴時代へ 継続のかたち
D 山口英一氏 1950年 推薦・紹介状日本連盟国際コミッショナー・古田誠一郎
E THE MAFEKING MAIL 創刊号1899年11月1日、
  最終号(152)1900年3月31日
F 靖国神社 1940年・在米日系人兵役義務者会 手水舎奉献 記録
G 平洋市民 ボーイスカウト物語 村山 有
  ❍ 昭和40年6月創刊号 
   天皇陛下とボーイスカウト(ベーデン・ポーエルとの会見)
   昭和41年1月新春号
   ベーデン・ポーエル卿の日本訪問印象について
  (ベーデン・ポーエル 1912年来日時おびんづるさまを描く・クリスマスカ
   ード)
   昭和41年5月春季号
   ボーイスカウト運動の父 日本を最初に登録した人 下田豊松氏の功績
H 下田豊松 日本健児団綱領宣誓 大正11年北海道少年団奉迎ジャンボリー参      加証


《 記録 》

◎ 大石会長のご挨拶 【大意 コロナ禍の最中お集まりいただきありがとうございます、本日は、昨年9月6日に開催の「語部、そして伝承」が本になりましたので皆様に差し上げるため と 今年2月29日のEO会で山口先生の講演がコロナ禍で延期になっておりましたのを本日お話をしていただくのとあわせ本日開催といたしました、】 

大石山口.JPG

◎ 山口 英一さんの「私のスカウティング」と題して、ご自分のスカウト時代のこと、今回は1988年(昭和63年)の2NVで当時の皇太子殿下(現在の天皇陛下)をご案内して富士登山をされたときのことを主に、皇太子殿下に関するお話を拝聴する、講演は続くが予定時間となる。【注、富士登山時のことは、平成5年(1993年)「婦人公論・3月号」に「殿下、山道は険しかったですか?」と題して掲載されている】

― 休  憩 ―
                             
◎ 懇 談 (参加者近況報告等)
 出席者名簿順に、鈴木 高さんより順にお話いただく。(各人のお話は、割愛させていただきます)

《 評 価 》
 今回の臨時EO会は時宜を得た会であったと思う。

《 感 想 》
 久し振りに電車での外出でした、皆さんとは今年の2月から会ってなかったので懐かしく、又、日本記者クラブも懐かしく感じた(記録:高橋勝興)

集合写真.JPG 

posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 16:27| Comment(1) | TrackBack(0) | EverONwardの会
この記事へのコメント
2019年8月に日連名誉会議の小町議長にお話をいただいてから1年以上が過ぎました。今回は記者クラブの大会議室で利用人数を半分以下の15名としの集まりで終了後のラウンジの利用も中止にしての集まりでした。久しぶりの再会でしたがこの様な時期で名残はつきませんでしたが時間厳守で散会しました。コロナ禍の早期収束を願いまた早期のEO会再会を願います。健康第一!
Posted by 至道 at 2021年01月04日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188258955

この記事へのトラックバック