2018年05月25日

平成30年3月24日、日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」

 平成30年3月24日(土曜日)午後1時30分から、日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」が開催されました。従来は日本記者クラブが会場でしたが、今回は東京・文京区の日本連盟スカウト会館内のスカウトミュージアムの一隅を拝借しての開催です。

 スカウト会館は移転の予定があり、それに伴い、規模の縮小が予定されている様子であることからこのスカウトミュージアムでの開催が決まりました。

 今回のスピーカーは、早稲田ローバース出身、日本スカウト切手・メモラビリアクラブ五十野和夫さん。ボーイスカウト関係者の中では、その名を知られたコレクタです。

 五十野さんのお話は、4月20日に発行予定の資料集「日本の少年団運動 資料に見る黎明期のスカウティング」の内容に沿って進められました。この集いの楽しさは、「あれはどうだったかな」と質問が出ると、ほぼ必ずそれをご存知の方がいらっしゃること。そこから話題はさらに拡がり、留まるところを知りません。時にはミュージアムのスタッフの方もお仲間入りして、とても掘り下げたお話の数々をお聞きすることができました。

 なお、五十野さんの「日本の少年団運動」は限定500部の発行で、頒価2,500円。5月26日から開催の日本連盟全国大会で開催される「スカウティングエキスポ2018」会場でも販売ブースがあります

1五十野.JPG

2表紙.JPG
3序文.JPG
4目次.JPG


集合写真.JPG


posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | EverONwardの会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183321275

この記事へのトラックバック