2019年05月02日

日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」日本連盟福嶋コミ

平成31年3月30日(土曜日)午後1時から、日本記者クラブ会議室を会場に、日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」(略称EO会)が開催されました。

 日本のボーイスカウト運動は1922年(大正11年)、総裁を後藤新平男爵、三島通陽副理事長として少年團日本連盟が創設され、2022年には創立100周年を迎えます。その間、元号は大正、昭和とかわり、そして5月からは令和となるこの節目に、ボーイスカウト日本連盟コミッショナーにご就任の福嶋正巳さんに、我が国ボーイスカウト運動の現況をお話頂きました。少年時代からボーイスカウト運動へ参加し、数多の研修所や実修所の所長としての奉仕歴もお持ちです。

 お話はスカウト運動に参加する青少年が減っている現状を踏まえ、様々な対応が必要となっている事から始まりました。昭和58年の33万人から考えると1/3となっている現状を考えると、これまでの概念にとらわれない制度設計の再検討が必要な時期であると考えていて、部門の変更、年齢の変更も検討をしているところだそうです。

 コミッショナーのお話は、「100周年に向けた加盟員の増加のために、様々な施策を考えていきたい。特に日本連盟100周年には18NSJが東京で行われる。折角の機会なので、期間中も含めて様々な企画を検討しているが、ボーイスカウト運動を発展させるために、これからも努力していきたい。」のお話で締め括られました。大変なお役目ですが、これからのご活躍にも期待したいところです。

DSCN1222.JPG

 写真中央が、今回お話を頂いた福嶋正巳日本連盟コミッショナーです。

  その右は山口陽さん。早稲田ローバースOBです。お父上の山口勝治さんは戦後ボーイスカウト運動に貢献された日本連盟先達ですが、東京連盟副連盟長の他、日本連盟コミッショナーとしてもご活躍でした。



DSCN1227.jpeg

posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | EverONwardの会