2017年12月15日

平成29年8月26日開催Ever Onwardの集いご報告

 ご報告が遅くなりましたが、平成29年8月26日(土曜日)午後1時から、日本記者クラブ会議室において、日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」が開催されました。

 今までのこの会は、ボーイスカウト関係の方々からの貴重なご経験などをお聞きすることが多かったのですが、今回は、1964年開催の東京オリンピックで、ジェット機(F-86)で五輪をお作りになった、航空自衛隊ブルーインパルスの藤縄忠さんをお招きしました。

 大石会長のご挨拶に続き、藤縄さんのスピーチが始まりました。
01.JPG
0.JPG

 この準備が開始されたのは開催の1年半ほど前からで、依頼は「貴賓席からもっとも綺麗に五つの輪が見えるように」。高度は赤坂上空3,000m、時速4600kmとして計画が作られてパイロット6名(お一人はピンチヒッター)が選抜されました。

2-2.jpg
 今であればコンピュータで計算もできるでしょうが、高機能なレーダもなかった事もあり、すべてカン。相当なご苦労があったようです。訓練では一度も成功せず、開会式前日を迎えました。その日は大雨で、こりゃ飛べないと、居酒屋をハシゴで午前さまとお聞きしました。翌朝目を覚ますと好天で、皆さん急ぎ基地に向かったようです。

 江の島上空で待機、予定の時刻に競技場へ向かいます。一つの輪の大きさは6,000フィートで、上段3つと下段2つの輪の間隔は1,000フィート。訓練では失敗続きだったが、本番では成功したと藤縄さんはおっしゃいましたが、見事な五輪が会場から遠望できました。本番に強い、パイロットの皆さんであったようですね。
3.jpg
4.jpg
 私たちにとりましては未知の分野のお話であり、とても興味深い内容でした。ありがとうございました。2020年の東京オリンピック開会式では、まだ実施は確定していないようです。


5.JPG

posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | EverONwardの会

2017年12月13日

アクセスカウンタの不具合


12月13日、アクセスカウンタが、99,999から00000へとなりました。

リセットされたのか、桁数が増えたために10万台表示が隠れてしまったのか、現在その原因を調査中です。



posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報からのお知らせ

日本富士スカウトクラブ創立50周年記念パッチ

 このブログのトップにある通り、日本富士スカウトクラブは1968年に村山有東京連盟初代理事長により創設の準備が開始され、翌年に発足しています。

 ご承知の通り1971年に、第13回世界ジャンボリーが朝霧高原で開催されました。それに先立つ1968年、村山は日本連盟相談役で第一線から身を引いていましたが、「どうしてムラヤマが会議に出席しないのか」との海外からの要請で、急遽日本側代表として世界会議へ出席のために香港へ向かいましたが、その船中で、病のために急逝しました。12月31日のことです。享年63歳でした。

 それから50年。2005年12月には、日本富士スカウトクラブが生誕100周年を記念しての集まりをプレスセンタで開催しましたが、今回は歿後50年とクラブ創設50周年の節目に、パッチを作成しましたのでご紹介させて頂きます。

村山有パッチ.JPG
posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | EverONwardの会