2017年08月08日

平成29年6月24日、日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」

 平成29年6月24日(土曜日)午後1時から、内幸町日本記者クラブ会議室において、恒例の日本富士スカウトクラブ主催「Ever Onwardの集い」が開催されました。この会は毎年2月と8月に開催されてますが、今回は6月の開催です。

 この会はその都度お客さまをお招きして、ボーイスカウト関係の話題をお話頂くのが中心でしたが、今回はこの会の世話人のお一人である日本記者クラブ会員村山至さんの、戦後ボーイスカウト運動に付いてのお話が中心となりました。

 村山さんのお父上は初代東京連盟理事長であった村山有さんであり、戦後のボーイスカウト運動再建に中心的な役割を果たした方です。村山有さんなくして再建はならなかったであろうと、そう痛感しています。米国生まれの二世で、戦後すぐに運動再建に立ち上がり、占領軍司令部(GHQ)へ働きかけて再建を果たしました。しかし、そのご功績は意図的に伏せられて、連盟史上で見かけることはほとんどありません。わずか4年で運動の道筋をつけ、そして連盟相談役へと祭り上げられて表舞台から去りました。遠い時代のお話ですが、現在、日本連盟総長室には歴代総長のお写真と共に、数年前から村山有さんも掲げられているとお聞きしました。

 それはともかくとして、村山至さんのお話は、オールドスカウトクラブ創設や、戦後の一時期、日本大学でボーイスカウト講習会が開催されたとのお話から始まりました。お話は多岐にわたり、とりあえずオールドスカウトクラブに付いてのお話で配布されたレジュメからご紹介します。作成次第、残る興味深い内容のお話もご紹介する予定です。
@EO会歴史2-1.JPG
DSCN8412.JPG
DSCN8405.JPG



posted by 日本富士スカウトクラブ広報 at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | EverONwardの会